意味不明

 全国戦没者追悼式で首相が語る式辞は、毎年、注目される。首相側としても言葉のひとつひとつを精査して原稿を作っているのだと思うのだが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 今夏一番の暑さらしい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電

 台風の余波か、夜の8時頃から強い雨が降り出した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の日

 涼しい日が続いて、これで夏が終わりではちょっと寂しい、などと言っていたら、今日はしっかりと暑い日だった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団扇

 夏の季節は、教会内を歩き回るときも、礼拝中も、だいたい扇子を持ち歩いている。出掛けるときはバックに入れ忘れないように、必需品だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 8

 この連載は今回で終わりにしておくが、最後に、NPPと言えば信仰義認の話、ということで、そのことについて少し触れておく。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 7

 キリスト教を説明する言葉に、啓示宗教というものがある。神の啓示に基づいて信仰が始まり、信仰理解が進んでいくということだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 6

 NTライトの語ることには、ユダヤ教への強い意識があると思われる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 5

 NTライトはキリストの存在を重視しているに違いない。だが、その意味合いに関して、違うものを見ているような気がしてならない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 4

 この信仰の発端について、である。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 3

 まずは、パウロの位置づけについて、述べてみる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは・・・」 2

 NTライトの著作を好意的に歓迎することに対する違和感の正体を探ろうとしているのだが、まず、立ち位置に違いがあるのだな、ということを、意識させられる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使徒パウロは何を・・・」 1

 NTライトの「使徒パウロは何を語ったのか」が、この春に翻訳出版されたので、感想を書き留めてみる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揺れ

 先ほど、9:11の地震は、千葉でもちょっと揺れた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の始まり

 梅雨明けだそうで、名実ともに夏の始まりだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死刑執行のこと

 死刑が執行されたとニュースが取り上げていた。思うに、制度に根本的な問題があるのではないか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そびえる山々

 ふだん、新幹線で仙台方面に行く際、福島あたりはうつらうつらしていることが多いのだが、山形行きということで、珍しく窓の外を眺めていた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくりと

 会議があって、久しぶりに山形まで出かけた。あいかわらずの日帰りだが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう40年近く前

 昨日の礼拝には、hi-b.a.の中村先生が来て、お話をしてくださった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の内のこと

 聖書に、「人はうわべを見るが、神は心の内をご覧になる」という言葉がある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«父の日の賛美歌