« 憲法 | トップページ | イスラムとの対比から »

理想論

 新聞に、平和のために戦うことも必要、という論が載っていた。

 読んでいて、あるいはこういう論の人、非常に理想主義の人で、現実から乖離しているのかもしれない、という思いがした。決して皮肉ではなくて、本当にそうなのかも、と思ったのだ。一般的には、軍事行動に否定的な考えの論を語る人々のほうがそういうふうに批判されているのだけれど、いやいやどうして、逆なのかもしれない、とである。

 彼らは、憲法その他において明確に定めておかないと、もしもの場合にはじっと黙って攻撃されて、日本の社会が滅んでいくことになる、と考えているようだ。でも、そんな非現実的な、と思う。攻撃などありえない、という意味ではない。攻撃があったとしたら、きっとこの国の人々は戦うだろうし、反撃もするだろうし、自らの身を守ろうとするだろうに、という意味だ。まさか、戦っても良いという法律がなければじっと黙って座している、などということなどあるはずがない。
 自衛隊にしても、である。現状の規定では様々に制限が掛けられているけれど、もしもの場合に、そういう制限の枠の中だけでじっと黙って座している、などと言うことはあり得ない。総理大臣などにしても、だ。そういう立場に就くことを志したからには、そういった場合には、現状の法律には抵触する可能性があっても対応する命令を出すはずだ。いやいや、法律を軽視して良いという意味ではない。当然に、事後にはその責任を取ることにはなる。法に違反して命令を出したなら、処罰は免れない。辞職だけでは済まず、有罪判決を受けて刑務所暮らしは覚悟せねばなるまい。そんなことはわかっていても、目の前で攻撃されていたら対抗するための指示を出すだろう。そのくらいの覚悟がなければ、総理になどなるべきではない。
 たぶん、私は人が悪いのだろう。だから、法律が整っていなければ対抗できないという論を語る人の意見を聞くと、そんな馬鹿な、と思ってしまう。人々は、いざという場合には、そんな律儀に法律を守るはずがない、と考えてしまう。

 それとは別の面でも、十分に攻撃できるような態勢を整えるべきだという主張をしている人は、非常に理想論的で、人々や諸機関について性善説なのだろうな、とも思う。なぜなら、そういった存在というものは、決して愚かなことはしないのだと、心から信頼しているように見えるからだ。私などは人が悪いから、人のなすことというものは、力を蓄えておくと、大概、それを使いたくなって、あるいは、他国とのやっかいごとについてはその方が手っ取り早いと考えてしまうものだと、そういうふうに思ってしまう。現に、歴史はそういうことの連続でもある。それなのに、そんなことはあるはずがないと言い切っているのは、何ともすごいことだ。

 その論では、国連の規定で自衛権が認められているということも触れられていたが、それを自衛のための戦争を肯定する根拠にするとしたら、これまた国連とか世界のあり方についての理想論に過ぎる。国連のような規定において、一切の戦闘は禁止、などといった規定が設けられるはずがないわけで、自衛のためということに限定するだけならば何とかなるだろう、という妥協の産物に過ぎない。それだって、現実にはあまり意味をなしていないわけであって、国連が主導権を握って介入した場合ですら、それが本当に正義であったかどうかなど、まあ、確実なものは何もない。それなのに、国連の基準は善であると考えて、その枠に収まるのだから戦う準備はしてもいい、といういうに言っているのは、実に人がいいなあ、と思わずにはいらない。

 そしてまた、そういう論の人たちの主張を聞いていると、何だか、自衛隊の現状について、ずいぶんと軽視しているような気もする。現状でも大いに頑張って備えていると私などは思うわけで、それを考えると、法律を変えることが今よりも力強いものにするために有効かどうかについて、大いに疑問だ。
 たとえば装備の問題について言えば、防衛のために必要なものを整備していくことは法律を変えなくても十分に可能なはずで、できるかどうかはむしろ、財政面の問題だろう。もし、国家予算が今の数倍可能になって、かつ、借金もなくなっているとしたら、それと同様に数倍の高額なものを整備したとしても、おそらく人々は何も問題視はしないだろう。
 それに、これから人口も減っていくという社会の中で、自衛隊に入ろうとする人がどれだけ増えるかはむしろ期待できないわけで、とすれば、人手を使わずに対処するための設備を整えていくことは必須だろうし。防衛に特化した取り組みには、そういう仕組みでも可能だとは思う。ただし、海外に出て行って何かをする、というような取り組みについては、現実的に不可能になって行くだろうから、世界へのそういった面での貢献など、そういう理念の是非以前に、現実的に不可能、ということに思い当たってこそ、政治の現場にいる人々のあり方だと思うのだが。
 などと、そういう課題のほうがはるかに大きいわけで、今の憲法や自衛隊法などを変えるかどうかは、たとえその理念に賛同したとしても、ほとんど実態としての意味はなしえないで、ただ理念だけが一人歩きすることになるだろうと、私は思う。実態を持ち得ずに理念だけの状態で、「我が国には強い軍事力、防衛力があるのだ」などと標榜するのは、実に危険なことであるのは言うまでもないが。
 今の日本の社会にできる防衛のための取り組みは、今の法体制の中でもなされていると思うし、その運用で事足りることだ。法律を変えればもっと良くなる、と考えているのは、何とも机上の空論ではないのかな、と思ってしまう。

 うーむ、やはり、彼らは純粋なのだろうか。人を疑ったりしない、澄んだ心の持ち主なのだろうか。私は、そんなふうにはこの社会を、人というものを思うことはできない。警戒心としても、あるいは、ちゃんとした対処をするためにも、現実を見る必要があると、そう思う。

|

« 憲法 | トップページ | イスラムとの対比から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/65238977

この記事へのトラックバック一覧です: 理想論:

« 憲法 | トップページ | イスラムとの対比から »