« 若き人々 | トップページ | 見送る »

うらやましい

 北方謙三がチンギス・ハーンの物語を書き始めたのだという。

 70歳で、今から壮大な物語を書いていこうという志は、実にうらやましいことだ。そう、立派とか、そういう感覚ではなくて、そんなふうにして生涯書き綴っていけるということ、それも、長大な分量のものを書いていこうとしている姿が、そして、きっとそれを成し遂げるのだろうということが、何ともうらやましい。そんなことを言うのなら、出来の善し悪しとか、どれだけ読んでもらえるか、などはともかくとしても、書くのは自由、書きたければ書けばいい、のではあるけれども、今現在としてはそれほどの時間がとれるわけでもなし、70歳になったときに、はたしてそれだけのエネルギーがあるかどうかも自信がないし。だから、新聞に載っていた記事を見ての感想は、実にうらやましい、の一言だった。(北方謙三の作品がすごいということは承知しているが、実はちゃんと読んだことはなくて、だから、作品に対する期待感というよりも、書いていること自体への話ではあるのが、ちょっと物珍しい感覚だということは自覚しているつもりだ。)

|

« 若き人々 | トップページ | 見送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/66777172

この記事へのトラックバック一覧です: うらやましい:

« 若き人々 | トップページ | 見送る »