« 高校にもなると | トップページ | 経営者の資質 »

思うに任せぬ

 思うようにはならないものの代表と言えば天候だろう。 

 日曜日は母の日で、教会では恒例のバーベキューを公園でと計画していたが、あいにくの天候で断念。一日、どちらかにずれてくれたらいい感じのお楽しみ企画になった所だが、何とも残念である。でも、ちょっとずれてくれとお願いできる相手でもないし、仕方のないこと。天気を操作できるようにというのは昔からの人類の願いだけれど、今のところ、どうにもその様子はない。
 それに比べたら、人間相手というのはずっとましである。人の心もまた、思うに任せぬものの代表として挙げられることは多いが、何と言っても、ちゃんと話ができる相手である。むろん、こっちの思い通りになるわけもなく、しようとするのも愚かなことだが、でも、お願いはできる、説得はできる、うまくいくかどうかは分からないが、取り組んでみることはできる。
 それは、ずいぶん大きな違いだろう。世の中には最初からお手上げのこともたくさんあって、願うだけ無駄みたいなものもある。人はどうあがいてみても、地球にいながら月に手が届くというわけにはいかないように。でも、人と関わることは、最初の一歩からして無理、という境遇とは大違いである。だったら、どうせ、と言ってしまわないで、精一杯、相手とのコミュニケーションを試みた方がいい。雨空を眺めながら出かけるのを諦めるよりも、はるかに希望と可能性を思うことのできる状況なのだから。

|

« 高校にもなると | トップページ | 経営者の資質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/66722988

この記事へのトラックバック一覧です: 思うに任せぬ:

« 高校にもなると | トップページ | 経営者の資質 »