« 台風 | トップページ | 聖書の読み方 »

死刑のこと

 死刑執行のことで新聞では大きく取り沙汰されている。

 もっとも、世間全体の声にはなっていないようでもあり、それがこの事件ゆえなのか、それとも死刑制度そのものについての世の中の感覚ゆえなのかは、よくわからない。

 死刑の制度そのものについては、私は賛同はしていない。理由は、それが犯罪抑止力にはならないこと、被害者の慰めにもならないこと、犯した罪に対する適正な処罰とも言えないこと(軽すぎるという意味合いだ)、加えて、冤罪の問題も考えておく必要があること、である。

  しかし同時に、マスコミで語られているような論調には、今ひとつ、同感しがたいものがある。死刑は残酷だと批判がなされている。そのこと自体には同感だが、ただ、社会的には説得力はないだろう。国家が人のいのちを奪って良いのか、という議論もある。だが、死刑は残酷だという主張している国々が、別の形では国家が人のいのちを奪っているという現実がある限り、その論には説得力がないと思う。そう、戦争のことである。世界的に死刑存続している国のほうが少ないと指摘されているが、一方で、世界の大半は国家の意思によって他国民を、あるいは自国民を死に至らせている。戦争は良いが死刑は残酷だ、という論理はくだらない冗談にしか聞こえない。海外との比較を語る報道は、その記事の中では、戦争を当然視している諸国に対する批判、非難をも含めつつ、日本の死刑制度への批判を語るべきだと思う。そんなことはできないだろう、という部類の嫌みを言っているのではなく、それが必要だということである。死刑の問題は、その程度の論議では打開はないように、私には思える。

 上に述べた死刑反対理由の中で、軽すぎる、というのは、死刑で終わりにして良いのか、という話である。いのちは何よりも重い、という論理が大前提なのだろうが、世の中にはいのちを軽く見ている、いや、いのちよりももっと重いものがあると考えている人はいくらでもいる。その場合、死刑はむしろ、安易な対処で終わってしまう。厳罰が必要だと考えるのであれば、死刑よりも終身刑を科す方が意味がある。無期懲役ではなく、文字通りの終身刑である。それならば、社会の不安にも応えられるし、厳罰の意味にもなるし、そして、本人が真に悔い改めた場合には刑務所の中であっても、人間らしく生きることはできる。

 悔い改めたら釈放、というふうにはしなくても良い。人はやはり、自らの犯したことの結果を背負う必要がある。死刑に該当するようなことをしたのであれば、自由を奪われることは覚悟せねばなるまい。閉じ込められていたとしても、それでもなお、人としての尊厳ある生き方はできるはずだ。いや、そういう可能性はどのような人に対してでも与えられるべきだと思う。自らの罪を悔いもせずに閉じ込められている苦痛だけを恨んで日々を送るのか、それとも、自らの罪を認めて、できうるかぎりの悔い改めをなし、科せられている刑罰を神妙に受け止めつつ、その中でなお人としての尊厳を持って生きていこうとするのか、どちらを選択するのかは本人次第である。

 神は赦しを語って下さっている。だがそこには、御子の犠牲があってこそのものである。罪はそのまま寛容な心で受け止める、というふうな扱いはされていない。だとすれば、その犠牲を社会全体が担うか、それとも、人間社会はそこまでの力がないのだとすれば、本人が背負う覚悟は持たねばなるまい。そのあたりの厳しさがあって初めて、赦しとか、受け入れるという話は出てくるのであって、冒頭から寛容を語り出すと、そこには決して、真の赦しは登場しない。キリスト教が語るのは罪人に対する愛であって、何があっても許容するという話ではない。

 そういったことからも、死刑制度ではない別のあり方を、根本的に築き直す必要があると、私は思う。と同時に、今の死刑の制度自体には明らかな問題がある。法務大臣の署名、という部分だ。実情として、死刑にするかどうかは法務大臣の意向次第、というふうに運用されているが、これは法律の定める制度の趣旨に反しているし、三権分立にも反している。死刑にするかどうかは裁判所が決めるべきもので、法務省はそれを執行するのみの立場のはずである。そこに恣意的な判断を加えてはならない。再審の問題などがあるけれど、それはむしろ制度としてきちんと定めるべきもので、法務大臣なり、法務省の人々の判断で動かすべきものではない。この件に関しては、法務大臣の署名は、単なる手続き、自動的なものに過ぎないという扱いをすべきだと思う。

 今回のことに限らず、死刑執行に関する議論は、法務省や法務大臣のことではなくて、あくまでも国会としての議論をこそ喚起すべきだ。問い質されるべきは国会議員であって、役所ではない。死刑判決が確定した時点で事はすでに決まっていたのだと、そのような観念で見ていくべきだと、私は思う。今回の死刑執行に関する報道は、あの事件を改めて真剣に考えさせられる機会になっていという意味では大切なものだが、この社会として考えるべきことは、執行したかどうかではないはずだ。それは死刑そのものに関する真剣な論議と、それからあの事件と日本における宗教や宗教団体、いや、人が抱えている罪の課題についての論議である。その点を正していかないと、単なる感情論、それも、すぐに通り過ぎてしまう気分的な話で終わってしまうに違いない。

|

« 台風 | トップページ | 聖書の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/66991709

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑のこと:

« 台風 | トップページ | 聖書の読み方 »