« 弁当 | トップページ | 埋葬の仕方 »

夏の一日

 関東保守バプテストの諸教会に呼びかけて、青年層の親睦会が開催された。

 昨年から保守バプテストで使い始めている「みらい大会」という呼び名を利用。他の行事と重なってしまった教会もあったけれど、4教会から17名の参加で、夏の一日、良き時となった。
 言い出しっぺは津田沼の青年たち、伝道師や神学生が核になって、だったからか、今回の内容はバーベキューとウォーターバトル、ようするに、水風船の投げ合い、である。こういう心地良く楽しい企画によって互いの話を弾ませていくのが、うちの得意技、というところか。聖研スタイルでじっくり聖書に向き合っている姿も、よく目にするのだけれども。
 意図はちょうどよく発揮されて、夏の一日、初めて会う人たちも多い中で、けっこう話が広がり、次へとつながっていくような広がりができはじめていたように思う。
 まあ、「若い世代」と改めて銘打つのは歳を重ねた者たちの習性であって、彼ら自身からすれば、何もわざわざ定義されなくても、自分たちがやりたいと思うことを自由に進めていく、それだけのことなのだとは思う。少なくとも自分自身が青年の頃は、そんな上の世代の思惑など考えもしないで、ひたすら、自分たち自身の取り組みとして進めていただけだったから。
 でも、そのあたりの感覚はどうでもいい。それぞれに思惑があってかまわないし、でも、そこに良い親睦が形成されて、互いの間につながりができていくなら、それがお互いの歩みを励ましたり、広げていくようなものであるのなら。そんなふうにしてななさていくことを、心から歓迎し、応援したいと思っている。そうそう、今回は私も参加。若者の、などと老け込んでいる場合ではないと、改めて自覚させられた。
 また次の企画が考えられている模様。関東の保守バプテスト諸教会の皆さん、なかなかいい感じですよ。次回はぜひ。

|

« 弁当 | トップページ | 埋葬の仕方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/67045894

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の一日:

« 弁当 | トップページ | 埋葬の仕方 »