« 風 | トップページ | 塩 追記 »

 台風の後、窓ガラスや車が妙にべたべたしていた。

 海から巻き上げられてきた塩かと気づいたが、あたり一面だから、せいぜい、窓ガラスを拭い、車を水洗いした程度。柿の木は葉っぱがすっかりやられてしまった(草花はそうでもないが)。昨日は電車にも支障が出たようで、息子は通学にいつもの倍もかかったようだ。
 生きるために欠かせない塩なのだが、こうやって吹き付けられると影響は甚大だ。物事、ちょうど良い、というのが一番だと思うのだが、そういうバランスはなかなか見当たらない。自然界だけでなく、人間社会も、必要な事柄、大事な事柄であっても、それが猛烈に吹き付けてくると、とたんに厄介なものになることが多いことを痛感する。
 塩と言えば、卒業した高校では夜中に突然ピアノの音がすることがある、と言われていた。海からせいぜい2kmで、塩の影響でピアノ線がさびやすく、夜中に切れることがあるのだとか、そういう話だったことを思い出した。そう、このあたりはもともといつも潮風が感じられる。

|

« 風 | トップページ | 塩 追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49212/67241097

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 風 | トップページ | 塩 追記 »